大阪人の東京子育て

おもしろいこと言えない大阪出身者の子育て備忘録

life is hard but beautiful

タイトル何かの曲?いえ、私が最近思ったことです。くっせ!英語しゃべられへんのに何言うとんねん、と我ながら思いますが、主にアマプラで始まってたThis is usの最終章シーズン6を見たからです。

ママン(id:mamannoshosai)がブログで紹介されてたのを読んで見出したんですが、海外ドラマは24の最初の頃を見ただけというド素人なのに気に入って、1から全部見ました。

ずっと思ってたんが、これアメリカ人はどんな感じで見てるんやろうてこと。人前でこんなチュッチュするもんなん?こんなファミリーって集まるもんなん?こんな次々何かしら起こらんでとはさすがに思うよな、などその他細かいとこも含めて、アメリカ人てこんなんなん?と思いながら見てた。

今回、最終話の前までは何話かずつまとめて見て、最終話だけついにこれで最後!と思いながら見たら、うまいこと行き過ぎちゃうんて冷めてもーた。最後も何話か続けて見て世界にひたって盛り上がって終わればよかったわ。

とは言え全般満足で、特に思ったのは作り物とは言えこんな長いこと他人の人生を見て、人の一生や毎日て大変やけど面白いなということ(=タイトル)。

そう思ったのは直前に『笹の舟で海をわたる』を読んだのもあると思う。

こちらは昭和の戦中に子ども時代を過ごし、特に派手なことのない女性の一生を書いた本。

(アマゾンの説明)

本の雑誌』が選ぶ 2014年ベスト10(ノンジャンル)の第1位 獲得! ! 終戦から10年、主人公・左織(さおり)は22歳の時、銀座で女に声をかけられる。風美子(ふみこ)と名乗る女は、左織と疎開先が一緒だったという。風美子は、あの時皆でいじめた女の子?「仕返し」のために現れたのか。欲しいものは何でも手に入れるという風美子はやがて左織の「家族」となり、その存在が左織の日常をおびやかし始める。うしろめたい記憶に縛られたまま手に入れた「幸福な人生」の結末は――。激動の戦後を生き抜いた女たちの〈人生の真実〉に迫る角田文学の最新長編。あの時代を生きたすべての日本人に贈る感動大作!

感動!ではなかったけど大作には違いなく、こちらも作り物ではあるけど、人を子どもから老人になるまで追うのを読んで、人生って面白いなと思った。

人の生活って意外とわからないですよね。こんなことしました!行きました!てことは発信されやすいけど、それ以外の普段の毎日やその人が目をとめたものなど些細な出来事になればなるほど知る由もない。でも毎日ってほとんどはそういうことで、それが人生になっていくんだなと思う。

ブログも普通なら知り得ないちょっとしたことや日々のことを書いておられるのを読むのが好きで、生きてるな、生活があるなって実感する。

これだけ人生だの一生だのを語るって冷めたとか言いつつやっぱりThis is usおもしろかったんやな笑

【成長記録】こいと2歳11ヶ月 脱イヤイヤ?

早いものでこいとは来月3歳です。

ぼんと違ってキョーレツなイヤイヤに手を焼いていますが、ここにきて変化の兆し?

ーーー

普段困ることの一つがテーブルに乗る、足を乗せること。何を言ってもダメで、本人もだめだとわかってやってる。休日の昼間など私と二人きりだとまずしない。夫がいると甘えられるからか?と思って、一緒に遊ぼうとか構っても効果なし。

しかしカレンダーを見て誕生日が近いと言ってたら「おねえちゃんだから」と乗ろうとしてもやめたりするように。

ぼんを叩こうとしても「もうすぐおねえちゃんだから」と言ってやめる。

いよいよイヤイヤも終わりか!と思ったら、朝から食べず、ぼんを蹴り、着替えずのフルコースギャーギャーで夫に保育園に連れて行かれてた。

週末2日間自分で我慢してたから反動かな。(夜はテーブルに大の字に寝っ転がって歯磨きしてた…)

このこいと、誕生日何が欲しい?と聞いても「バーバパパ」としか答えなくなってしまった。誕生日自体は園でほかのお友達の誕生日会を見て自分の番も楽しみにしてるんだけど、まだよくわかってないのかな。

バーバパパの絵本ではないらしく、グッズはプラザで取り扱いがあるみたいだけど、おもちゃってほとんどなくて、ネットで見てもなぜかお手玉、けん玉、こま回しという日本の伝統おもちゃが出てきたり。フランスのオバケなんちゃうんかい。

だからと言ってマグカップやらボールペン、ハンドタオルではOLが同僚にあげるプレゼントちゃうねんから(そもそも3歳にあげるもんちゃう)て感じやし。

悩む。

コル的東京・関東 建もの名所ランキング10

昨日テレビで表参道のパイナップルケーキ屋さんが出てきた。ここのおいしいのよねぇ。これでパイナップルのお菓子好きになったんよね。

前にぼんが隈研吾ガチャしたら出てきたことがあって(↓↓左上の黄色)その時から食べたい&見たい母と電車に乗りたいぼんの利害が一致し行きたいと言ってたんですが、延び延びになってたので近々行こうという話になりました。

このテレビは「東京・関東 建もの名所ランキング」という番組でベスト30を紹介してたんですが、見ながら自分のベストは何やろと考えたのでコル的ベスト10を紹介します。(写真はなるべくおすすめが写ってるとこのを貼った)

1.法隆寺宝物館

私が東京で一番美しいと思うのはここ。正面がもう美しい。

www.tripadvisor.jp

2.東京カテドラル聖マリア大聖堂

ここは中。入ったら荘厳、圧巻。外からはわからん。

catholic-sekiguchi.jp

3.目黒区総合庁舎

目黒区民はこんな区役所で幸せですよ。階段が圧倒的じゃないか!

news.mynavi.jp

4.旧カマキン 鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム

ここ、落ち着くのよねぇ。中から池を見るとこが一番かなー。

www.docomomojapan.com

5.神奈川県立音楽堂

エントランスがこじんまりしてるけど、高さがあるからか気持ち良い空間。隣の図書館も一緒にどうぞ。

ontomo-mag.com

6.前川國男邸│江戸東京たてもの園

ただの日本家屋と思うなかれ。中に入ると開放感とかもう。

kinarino.jp

7.国立新美術館

中の逆三角形のレストランが近未来的。夜、中から発光してるのもいとおかし。

genic-web.com

8.自由学園明日館

かわいい系。若い頃はここで結婚式したい❤️とか思ってた。

www.enjoytokyo.jp

9.プラダ青山

私が若かりし頃、最初に建築探訪に行ったのがここ。当時ガラス1枚100万というウワサを聞いたけどほんまなんかな笑

fashionmaptokyo.com

10.Lawn (ロン) - 四ツ谷/喫茶店

10位は品川にあった原美術館が思い浮かびましたが、残念ながらなくなってしまったので次点がなかなか決まらず迷いました。建築を見に行く時は調べて行くことがほとんどですが、ここはたまたま入った喫茶店で、でも明らかにカッコよかった。

daily-shinjuku.tokyo

ーーー

以上、特に勉強とかしたことない単なる建築ファンが行ったことあるとこしばりでベスト10を挙げてみました。

建築のドラマがTVerとかアマプラ↓↓にあって、大阪編もやると宣伝してるんやけど、今回こんなテレビもやってたし、建築ブーム来る!?

東京と神奈川だけになってしまったので全国版とか、行ったことないけど行きたいとこバージョンも書きたい。

モダニズム建築に興味を持った方はこちらも↓↓(現存しないのも載ってます)

www.docomomojapan.com

習い事教室がおしまいに。

親男さんの突然の最終回を読んでると、ぼんの囲碁教室が終わるとの知らせが飛び込んできた。

若い先生が週末にやってて、毎週でなく行ける時でいいというゆるいスタイル。1回2時間で親は同席しなくてよく、生徒は少なくてぼん1人のことも。

勉強やスポーツでなく、役に立つと思えない趣味の習い事ですが、私はサードプレイス的にとらえてました。

保育園と家以外の場所や、親以外の大人と過ごす時間があるのっていいなと思って。

2時間のうち1時間は本を見ながら棋譜並べをするんですが、集中してするらしく、無心になれるのもいいなと思ってました。

もう1つは老後の趣味として。何十年後やねん!て話ですが。

うちの父は70代ですが、もうほとんど出社しないので家でテレビを見たり競馬や株をしたりという生活です。前はスポーツジムにも行ってたけど、コロナで行かなくなって外に出ることがめっきり減った。「食べたいものもないし、したいこともないし」が口癖になってしまって、でもまぁそんなんもええやんと実は私は思ってますが(不足がない証拠やし、誰でもいつまでもやりがいにあふれてる必要ないやろと思うので)、ただもし人と関わりたいと思ってたらそれだけは寂しいかもなと思ってて。

夫は人と関わらなくて平気な人で、(たまに何で結婚したんやろと思う)これはこれでアリやと思うし、そういう人も増えてそうやけど、これまた何かの拍子に人と関わりたいと思ったら、老人になってからだとハードルが高いと思うんです。

そんな時に囲碁将棋ができたら、仲間を作りやすいと思う。今のところ老人クラブには必ずありそうやし。

都内に住む男性なんて生涯独身の可能性が高いし、自分の子だけは必ず結婚して孫ができるとは考えにくいので、一人でも楽しく生きていける術としてかじっておいたらと思ってました。

今回、先生が夢に挑戦するということで終了になるんですが、そういうアツイ人と関わるのもいいなと思ってたのでほんと残念。

他に似たような教室もなさそうやし、今後はどうしようかな。

スタディ将棋は知ってたけど、スタディ囲碁もあるんや

喘息違う説

すっかり私の体調ブログとなってしまってますが、今回も。

喘息と言われ薬を飲み始めたんですが、喉痛と咳は治まってきたのに鼻水が全然よくなりません。いくら気管支と鼻がつながってるとは言え、喘息で鼻水ばっかりて何なんと思ってたら、昨日から歯が痛い!

歯医者?と思ったけど、顔まで痛くなってきて、ここ数日鼻水が喉に落ちるなーと思ってたので副鼻腔炎ぽいと耳鼻科へ。

いつもの先生は夏休みなのかおらず、代わりの先生が「正に副鼻腔炎です」

やはーり。

で、喘息かー…うーむ、、と言ってる。

喘息だと使えない薬とかー・・呼気を調べたのって〇〇(本格的なやつ?)じゃないですよねー、普通のクリニックにはまずないですからねー、今回のはうーん副鼻腔炎じゃないかなー、と歯切れが悪い。

要するに、喘息だと使えない薬やできない検査が多くて、本当に喘息ならもちろん気をつけないといけないけど、そうでないなら安易に喘息と言わない方がいい、ということらしい。

今回のも喘息というより副鼻腔炎由来で色々な症状が出てるのではとのこと。

こんな言いにくいことよう言うてくれたもんやと変わった先生やと思ったけど、有り難い。

呼気テストで基準値以上でも喘息じゃないこともあるんですか?と聞いたら、べらぼうに高い数値なら喘息だろうけど、ちょっとした数値なら違うことはままあるそう。

では喘息ではないということで!

それよか副鼻腔炎がツライ。ロキソニンカロナールどっちがいいか聞かれて、ロキソニンと即答したんだけど、よく効く薬がロキソニンと併用があかんらしく、カロナールに。(ほなら何で聞いたんや)

しかしこれが効かん!久々飲んだから500やし効くかと思ったけど、ずっと歯痛い。

上の右の奥歯。いやもう奥歯だけじゃなくて前歯あたりまで痛い。

鼻うがいなんて気休めにしかならん。

いつまで痛いんやろ。。