大阪人の東京子育て

おもしろいこと言えない大阪出身者の子育て備忘録

aeruのこぼしにくい器、お直しが返ってきた

今年のふるさと納税でもらったaeruのこぼしにくい器、3つ中2つを既に割って、修理を依頼してました。

cornote.hatenablog.com

それが戻ってきたというお話。

割った夫がお直し案内ページから申込み。

商品のお直し | 株式会社和える(aeru)−日本の伝統を次世代につなぐ−

陶器の修理方法は、「金継ぎ」か「銀継ぎ」。

一般的には金継ぎだと思うけど、この青森の津軽焼は黒地に白っぽい模様なので、銀継ぎにしました。

f:id:cornote:20181217111524j:plain

 

f:id:cornote:20181217111550j:plainf:id:cornote:20181217111643j:plain

”合える”から出来上がりの写真がメールで来た時は、単に接着剤で付けたような見た目で「あちゃー金継ぎにすりゃよかったかな」(上の写真もそう見えると思います)

が、実際は模様に見えなくもないほどに自然で、職人さんすごい!そして、銀にしてよかった!

ほんとに子どもが自分で食べやすい器なのでオススメです。